Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

ゲヒルン、さくらインターネットと協力してインフラストラクチャサービス「Gehirn Web Services」をリニューアル、レンタルサーバや権限管理機能を強化

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/06/21 15:50

 さくらインターネットグループの情報セキュリティ専門会社であるゲヒルンは、さくらインターネットと協力して、マネージドインターネットインフラストラクチャサービス「Gehirn Web Services」を、6月20日にリニューアルした。

 「Gehirn Web Services」では、VPSのような安定性とコンソールから設定が可能な簡単さを併せ持つレンタルサーバサービス「Gehirn RS2 Plus」、エイリアス機能など先進的な機能を備えたDNSサービス「Gehirn DNS」といった、法人向けの多彩なインターネットインフラサービスを安価に提供している。なお、設計・構築・運用をすべてゲヒルンが行う、マネージドのサービスである。

 今回のリニューアルでは、「Gehirn RS2 Plus」の基盤に、高スペックなCPU・SSD・メモリを搭載した新ハードウェアとして、さくらインターネットの「さくらの専用サーバ」を採用し、パフォーマンスを大幅に向上した。料金プランも従来の3パターンから5パターンへ拡充し、幅広いユーザーに対応する。

「Gehirn RS2 Plus」サービス概念図
「Gehirn RS2 Plus」サービス概念図
「Gehirn RS2 Plus」新料金プラン
「Gehirn RS2 Plus」新料金プラン

 また、Webコンソールはこれまでの操作感はそのままにデザインを一新するとともに、複数名がそれぞれ「Gehirn ID」を持ち、認証情報を共有することなく安全にサービスを利用できるようにしたほか、従来は「拒否」「読み取り」「フルアクセス」の3段階だったアクセス制御を「ロールベースアクセス制御機能」に変更し、それぞれの「Gehirn ID」やAPIクライアントごとに「プロジェクトにメンバーを招待する」「DNSサービスからドメインを削除する」「Gehirn RS2 Plusのアカウント一覧を参照する」など、操作単位でのポリシー定義に対応し、より柔軟なアクセス制御が可能になっている。

 なお、今回のリニューアルにともない、「Gehirn Web Services」で利用できる1500円分のクーポンをプレゼントする。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5