Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

GitHub、UnityからGitHubを利用できる「GitHub for Unity 1.0」をリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/06/21 15:10

 米GitHubは、2017年3月にアルファ版を公開していた、Unityエディタ上で「GitHub」の機能を利用できるようにするオープンソースの機能拡張「GitHub for Unity」の正式版となる、「GitHub for Unity 1.0」のリリースを、6月18日(現地時間)に「Unite Berlin 2018」にて発表した。

 「GitHub for Unity」は、「Unity 5.6」「Unity 2017.x」「Unity 2018.x」にGitを統合するUnityエディタの拡張機能。Git LFSによる大容量ファイルのサポートと、ファイルロック機能を備えており、Unity内でのコードファイル管理機能と同じ手順でGitによる大規模アセットとシーンファイルの管理を実現する。

 今回リリースされた「GitHub for Unity 1.0」では、ファイルのロックをGitHubウィンドウ内のトップレベルビューから行えるようになり、複数ファイルのロック/アンロックが可能になった。

 さらに、Diffingのサポートによってファイル変更を視覚化できるようになったほか、GitとGit LFSを必要に応じてダウンロードするよう変更し、パッケージサイズを小さくした。また、「GitHub for Unity」のアップデートを通知する機能や、GitHubユーザー名またはアカウントに関連付けられたメールアドレスを用いて「GitHub」へサインイン可能になっている。

 ほかにも、さまざまな不具合の修正や機能改善が行われた。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5