Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「CEATEC JAPAN 2018」の入場事前登録を開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/08/03 14:47

 電子情報技術産業協会、情報通信ネットワーク産業協会、コンピュータソフトウェア協会で構成するCEATEC JAPAN実施協議会は、10月16日~19日に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催する「CEATEC JAPAN 2018」の入場事前登録を、8月3日に公式Webサイトで開始した。

 「CEATEC JAPAN 2018」は、3年連続で「つながる社会、共創する未来」を開催テーマに掲げ、家電見本市の枠を越えた、政策・産業・技術の連携と、あらゆる産業・業種による「共創」を発信する。

 展示フロアは未来のテクノロジーと将来のトレンドがよりわかりやすいよう設計されており、全体を網羅する「トータルソリューション」エリアではSociety 5.0を牽引する幅広いソリューションが展示される。また、「電子部品/デバイス&装置」「AI/ビッグデータ/サイバーセキュリティ」「モビリティ/ロジスティクス」「スマートファクトリー」「エネルギー/スマートライフ/スマートワーク」「フィットネス/ヘルスケア」「エンターテインメント」の、それぞれのテーマエリアでは、さまざまな産業・業種の600社/団体を超えるフロントランナーが展示を行う。

 コンファレンスは「CEATEC Keynotes」と「CEATEC Sessions」に区分されており、全体で100を超えるプログラムの実施を予定している。コマツの代表取締役社長兼CEOである大橋徹二氏、Preferred Networksの代表取締役社長 CEOである西川徹氏、ローソンの代表取締役 社長である竹増貞信氏、ファナックの代表取締役会長兼CEOである稲葉善治氏の基調講演を予定しており、すべてのコンファレンスプログラムは8月10日に公式Webサイトにて公開し、同日より事前聴講予約を開始する。

 出展数は、2017年の140社/団体を上回り、150社/団体を超える見込みで、展示フロア内のイノベーショントークステージでは、ピッチイベント(CEATEC Pitch)を計画しており、スタートアップ、大学・研究機関、大企業、そして投資家の新たな繋がりを生み出す取り組みの強化を行う。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5