Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

GMOあおぞらネット銀行、API公開に合わせ開発者向けポータルサイトを開設

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/01/16 15:10

 GMOあおぞらネット銀行は、銀行機能を細分化し、外部連携を可能にするAPI(銀行API)の公開に合わせて、開発者向けポータルサイトを1月15日に開設した。

 新たに開設した開発者向けポータルサイトは、同社が公開する各種APIの仕様、開発テスト環境、利用者登録、API利用のための審査窓口といった機能を備えており、銀行APIの利用にあたっては、同ポータルサイトでの登録が必須となっている。

 銀行APIは、顧客の口座残高や入出金明細といった参照系API(1月15日公開)、口座の振込や振替といった更新系API(4月公開予定)で構成する。

 APIへのアクセス方法は、当該サービスを利用する顧客の口座に対してAPIによるアクセスを行う場合に利用できる「パブリックアクセス」と、ユーザーのシステムからユーザー自身の口座に対してアクセスする場合に利用可能な「プライベートアクセス」の2種類。

利用方法に応じたAPIへのアクセス方法のイメージ
利用方法に応じたAPIへのアクセス方法のイメージ

 「パブリックアクセス」は、電子決済等代行業者としてAPIを利用するケースで、たとえば会計システムや家計簿アプリなどを提供する事業者が利用できる。

 「プライベートアクセス」では、多数の入金が発生するサービスを運営している事業者が「振込入金口座API」と「入出金API」を利用してシステム構築することで、取引先への請求処理や入金照合を自動化することが可能になる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5