Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

グレープシティ、Webアプリケーションのあらゆるデータ表示に対応するJavaScriptライブラリ「SpreadJS V12J」を発売、Excel互換機能を強化

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/01/30 15:20

 グレープシティは、業務アプリケーションの開発を支援するJavaScriptライブラリ「SpreadJS(スプレッドJS)」の最新バージョンとして、Excel互換機能を強化した「SpreadJS V12J」を1月30日に発売した。1年定額制のサブスクリプション方式で、税込の初回費用は1開発ライセンスあたり162000円、1配布ライセンス(1ドメイン)が648000円。2年目以降のリニューアル(更新)価格は、どちらのライセンスも162000円。

SpreadJS V12J

「SpreadJS V12J」の新機能イメージ

 「SpreadJS」は、業務アプリケーションにてExcelのような操作性と外観を実現するJavaScriptライブラリ。

 今回発売した「SpreadJS V12J」では、新機能としてExcelと互換性のある182種類の「シェイプ」に対応し、スプレッドシート上での組織図やフローチャート表示を可能にしたほか、独自の図形が作れる「カスタムシェイプ」機能や、複数のシェイプのグループ化に対応している。

 ほかにも、スプレッドシートの下部に表示できる「ステータスバー」、スプレッドシート上で日本仕様のきめ細かな入力機能を提供する「InputManJSセル」機能(別途「InputManJS」のライセンスが必要)、Excel互換チャート3種(レーダー、サンバースト、ツリーマップ)、縦棒/横棒/折れ線/円チャートにおけるアニメーション表示、セルでのリッチテキスト表示への対応、QRコードやJANコード、GS1-128など11種類のバーコード表示に対応するなど、さまざまな機能追加が行われた。

 なお、「SpreadJS V12J」の発売にあわせて、「InputManJSセル」を導入しやすくするために、1月30日より「InputManJS」の開発/配布ライセンスを70%割り引いたキャンペーン価格で提供する。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5