Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

米MS、「Visual Studio 2019」をリリース、オンラインのトレーニングコースも期間限定で無料公開

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/04/04 11:34

 米Microsoftは、統合開発環境(IDE)の最新版「Visual Studio 2019」を、4月2日(現地時間)にリリースした。

 「Visual Studio 2019」は、「Visual Studio 2017」の機能を向上し、Git Repoをクローンしたり、既存のプロジェクトやフォルダを開いたりしてコードを簡単に作成できるようになり、プログラミングをより習得しやすくなっている。

 ほかにも、テンプレート選択画面の使いやすさを向上するとともに、コードを書いていくことでコードナビゲーションが進化していき、リファクタリングが追加され、ドキュメント正常性インジケーターやワンクリックでのコードクリーンアップによって複数のリファクタリングルールを適用可能になるなど、コード作成機能が強化された。

 デバッグ機能についても、.NET Coreアプリにおけるデータブレークポイントなどの機能が追加されたほか、Visual Studio IntelliCodeにはAIの支援によるコード補完機能が搭載されている。

 これらの機能は、クロスプラットフォームのC++アプリケーションをはじめ、Xamarinで作成されたAndroidおよびiOS用の.NETモバイルアプリ、Azureサービスを使用するクラウドネイティブアプリケーションなど、既存のプロジェクトと新規プロジェクトの両方で使用できる。

 そのほか、Microsoftでは「Visual Studio 2019」の紹介やデモンストレーションを行うローンチイベントをオンラインで開催するとともに、「Visual Studio 2019」の利用開始を支援する新しいトレーニングコンテンツとして、Pluralsightでは「Visual Studio 2019」の新コースを4月22日まで、LinkedIn Learningでは「Visual Studio 2019」のハイライトを扱う新コースを5月2日(どちらも現地時間)まで、それぞれ無料で提供する。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5