Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

グレープシティ、.NET/Xamarin用コンポーネントスイート「ComponentOne 2019J v1」発売、新元号「令和」をサポート

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/04/10 12:55

 グレープシティは、業務アプリケーション開発に役立つ.NET/Xamarin用コンポーネントを多数収録したスイート製品の最新版「ComponentOne 2019J v1」を、4月10日に発売した。1年定額制のサブスクリプション方式で、初期費用は1ユーザーライセンスあたり162000円、更新費用は81000円(どちらも税込)。

 「ComponentOne 2019J v1」では、新たに「Visual Studio 2019」および「Visual Studio 2019 for Mac」をサポートするとともに、和暦出力機能を持つコントロールが新元号「令和」をサポートしている。

 また、Windows Formsにおいて計測値を可視化するためのゲージコントロール(C1Gauge)に、ダッシュボード専用に設計された線形ゲージの一種で、現時点の指標の目標に対する状態がただちにわかる「BulletGraph(ブレットグラフ)」が追加された。

 さらに、Windows FormsとASP.NET MVCの「FlexPivot(フレックスピボット)」および「OLAP(オーラップ)」コントロールには、データに適用されているフィルタを簡単に編集可能で、現在のフィルタリング状態を示しながら値に基づいてデータをフィルタリングできるスライサー機能が追加されている。

 そのほか、高速かつ軽量なグリッドコントロールである「FlexGrid」の機能強化や、WPFとUWPにおけるフルテキストフィルターのサポート、ASP.NET MVCにおける列ヘッダのテンプレート機能のサポート、Xamarinにおける表示データのテキスト/CSV/HTML形式での出力のサポートが行われた。

 「ComponentOne」は、年に3回バージョンアップを行い、統合開発環境やOSのアップデート、UWPやXamarinといった新しいフレームワークが登場するごとに新たなエディションを追加収録するなど、常に最新技術に迅速に対応することをポリシーとしている。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5