Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

テクマトリックス、Gurock Softwareのテスト管理ツール「TestRail」を発売

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/04/19 15:35

 テクマトリックスは、独Gurock Softwareが開発したテスト管理ツール「TestRail」の国内総販売代理権を取得し、4月19日に発売した。オンプレミス版の、税別の年間ライセンス価格は、5ユーザーが198000円、10ユーザーが360000円、50ユーザーが1200000円。なお、出荷開始は5月8日を予定しており、日本語版の準備が整うまでは英語版を提供する。

TestRail
「TestRail」の画面イメージ

 「TestRail」は、テストケースの登録やテスト結果の登録を、使い勝手のよいインターフェースで、迅速にストレスなく実行でき、テストケースやテスト結果の検索、追跡作業に使える情報を蓄積可能なテスト管理ツール。

 事前条件や期待値、手順といった、テストケースの情報は、1画面で体系的に入力できるようになっており、テスト計画の作成時には登録されているすべてのテストケースから検索やフィルタ、ソートなどによって絞り込みを行い、使用するテストケースを選べる。また、テスト対象の環境やバージョン、テスト担当者などの情報を設定して、テスト計画を作成する。

 テストケースやテスト計画、テスト結果、レポートといった、テスト関連情報は「TestRail」サーバに保管され、テストケースやテスト結果をチームで共有可能なので、チーム内の重複作業を軽減できる。さらに、保管されているテストケースやテストシナリオを使うことで、不具合の再現や修正後の再テストの確実な実施を可能にしている。

 そのほか、テストの進捗や結果、アプリケーションの問題に対するテストの網羅状況や、ユーザーの作業負荷などが含まれる詳細なプロジェクトレポートを生成する機能を備えており、付属のテンプレートを編集することで、独自のレポートを生成することもできる。また、「JIRA」や「Redmine」といった課題管理ツールとの連携や、UIテスト自動化ツール「Ranorex」との連携にも対応している。

 サーバ側の対応OSは、Windows Server 2016/2012 R2/2012/2008 R2/2008、およびApache、MySQL、PHPをサポートする標準のUNIXベースのサーバOS。

 推奨Webブラウザは、Internet Explorer 11/10、およびEdge、Chrome、Firefox、Safari、Webkitの最新バージョン。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5