Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

JavaScript UIライブラリ「Wijmo 2019J v2」発売、さまざまな機能強化を実施

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/08/21 16:35

 グレープシティは、業務アプリケーション開発に役立つUIコントロールを多数収録したJavaScriptライブラリの最新バージョン「Wijmo(ウィジモ) 2019J v2」を、8月21日に発売した。1年定額制のサブスクリプション方式で、最上位エディション「Wijmo Enterprise」の初回費用は、1ユーザーライセンスあたり税込129600円。

複数のセル範囲指定への対応や「Gauge」の機能強化などを行ったJavaScript UIライブラリの最新版
複数のセル範囲指定への対応や「Gauge」の機能強化などを行ったJavaScript UIライブラリの最新版

 「Wijmo 2019J v2」では、グリッドコントロール「FlexGrid(フレックスグリッド)」において、セルに長い文字列を入力し、列幅に応じて折り返し表示した際に、文字の行数に合わせて行の高さを自動的に調整できるようになった。また、複数のセル範囲の選択が可能になったほか、セル編集の処理やスクロールの速度を大幅に向上するとともに、コード上でデータを更新した際の更新範囲のみを再描画できるようになり、パフォーマンスを向上している。

 数値情報をメーター表示する「Gauge(ゲージ)」では、目盛りのテキストを表示可能になり、目盛りの間隔も指定できるほか、現在の値を指し示す針型のポインタを表示可能になった。

 さらに、「FlexSheet(フレックスシート)」では「オートフィル」機能の有効/無効を選べるようになり(「Wijmo Enterprise」のみ利用可)、「FlexChart(フレックスチャート)」では凡例の方向を指定する機能が追加されている。

 ほかにも、ポップアップ枠を任意の方向へドラッグすることで大きさを自由に変更できるようになり、HTML要素やWijmoコントロールでの元に戻す/やり直し操作への対応、JavaScriptフレームワーク「Angular V8」への対応が行われた。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5