Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

LINE BRAIN技術を利用したチャットボットとOCR、SaaSでの提供を開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/01/23 13:30

 LINEは、「LINE BRAIN」のAI技術をNAVER Business Platformに提供し、同社を通じて「LINE BRAIN CHATBOT」「LINE BRAIN OCR」のSaaS提供を、1月22日に開始した。

 「LINE BRAIN」は、LINEが2019年7月に開始した、同社のAI技術を外部企業などに提供するAIソリューション事業で、チャットボット技術、文字認識技術、音声認識技術などを提供しており、近年ではAI電話応対サービス「LINE AiCall」の実証実験を実店舗で開始したり、「LINE DEVELOPER DAY 2019」にて顔認証受付を実施したりといった活動を行っている。

 「LINE BRAIN CHATBOT」と「LINE BRAIN OCR」は、NAVER Business Platformから「NAVER CLOUD PLATFORM」として提供される。

 「LINE BRAIN CHATBOT」は、最新の機械学習アルゴリズムと自然言語処理技術に基づく強力な対話エンジンによって、業界最高水準の正答率を誇るAIチャットボット。エンジンは日本語だけでなく、英語、韓国語に対応しており、LINE公式アカウントの最新メッセージ形式に対応するほか、LINE PayなどLINEサービスとスムーズに連携できる。

 プログラミングなどの専門知識がなくても、シナリオや設定操作が可能な、チャットボット作成ツール「チャットボットビルダー」を使用でき、料金プランは無料で使える「Trialプラン」や、月額50000円の「Commercialプラン」などのプランを用意している。

 なお、1月22日~3月31日の期間には、「Commercialプラン」の申し込みを完了したアカウントに対して、3か月分の月額料金を無料にする「SaaSリリースキャンペーン」を実施する。

 「LINE BRAIN OCR」は、国際会議ICDARにて世界ナンバーワンの認識精度を獲得したAI-OCR。縦書きや横書き、丸く湾曲して書かれた文字や傾いた文字といった悪条件下での読み取り、多言語の認識、専門用語の認識に対応している。

 フォーマットが決まっている書類だけでなく、あらゆるスタイルの書類を正しくテキスト化でき、「LINE BRAIN OCR」と他のAI技術を組み合わせて、LINE公式アカウント上で会話をしながら身分証画像と自撮り画像を送るだけで自動判別し、オンライン本人確認が可能な「ekycサービス」(仮称)も提供する。

 サービスタイプとしては、設定ツール「ビルダー」を用いて、文書の読み取りたい項目を設定してテキストデータ化できる「Template」と、画面内の文字情報をすべてテキスト化する「General」の2種類から選べる。

 「Template」の料金プランは、300枚まで読み取り可能な無料の「Free」、1500枚まで読み取り可能な月額3000円の「Basic」、15000枚まで読み取り可能な月額30000円の「Standard」、50000枚まで読み取り可能な月額100000円の「Advance」を用意している(価格はいずれも税別)。なお、「Basic」「Standard」「Advance」は、2020年内は期間限定特別価格として月額基本料を半額にする。

 「General」は100000枚まで読み取りでき、税別の月額基本料は20000円。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5