Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

さくらインターネット、衛星データプラットフォーム「Tellus Ver.2.0」を発表、UI/UXを改善しマーケット機能も追加

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/02/28 13:15

 さくらインターネットは、同社が経済産業省事業として運用している衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」のVer.2.0を、2月27日より提供開始した。

 「Tellus Ver.2.0」では、「Tellus」公式サイトのデザイン・コンテンツが刷新され、「Tellus」の操作環境である「Tellus OS」のUI/UXについて、衛星データや地上データをより分析しやすいように改善された。

 また、プロバイダのさまざまなツール(衛星・地上などで取得できるデータ、解析用のアルゴリズム、「Tellus」上のデータもしくはアルゴリズムを利用して制作したアプリケーション)を、一般の法人や個人が安全に取引できるサービス「Tellus マーケット」もリリースされた。

 「Tellus OS」は、衛星データを手軽に見たい、開発環境で使用するデータを探したいカスタマがデータを閲覧し、操作することができる環境となる。

「Tellus OS」のUI/UXを改善

「Tellus OS」のUI/UXを改善

 今回、直感的な操作を可能とするデザインのリニューアルと同時に、興味がある場所・時刻を基準にしてデータを検索できる機能改善も行われた。「Tellusマーケット」にて購入したアドインも連携され、より簡易にデータを分析できるようになった。

「Tellusマーケット」利用イメージ

「Tellusマーケット」利用イメージ

 さまざまなツールをECサイトと同様のUIで検索し、購入することができる。マーケットで購入したものは、「Tellus」の開発環境や「Tellus」の操作環境(Tellus OS)にて利用が可能となる。

 現在、「Tellusマーケット」にて見られるデータは、一般財団法人リモート・センシング技術センター(RESTEC)の地表面変位計測サービス「RISE(RESTEC Interferometry SErvice)」と、島津ビジネスシステムズの「降水予測」「降水観測情報」「雷観測情報」。

 3月以降は、ドコモ・インサイトマーケティングの人口統計データ「モバイル空間統計」が追加される。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5