CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

JavaバイトコードをJavaScriptにコンパイルする「CheerpJ 2.1」がリリース

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/04/15 16:20

 英Leaning Technologiesは、JavaのバイトコードをWebAssemblyやJavaScriptで実行できるようにするコンパイラ「CheerpJ 2.1」を、4月6日(現地時間)にリリースした。

 CheerpJは、Javaバイトコードを事前にコンパイルすることで、WebAssemblyやJavaScriptでの実行を可能にするソリューション。完全なJavaランタイム環境、Java-JavaScript双方向の相互運用性を備えており、仮想ファイルシステム、入出力、ネットワーキング、オーディオといった、Webブラウザベースの機能を提供する。

 今回リリースした「CheerpJ 2.1」では、いくつかの最適化とバグ修正を行ったメンテナンスリリースで、JavaScriptの相互運用性をさらに高めている。

 Java例外処理を最適化したことで、より効率的なJavaScriptコードへのコンパイルを実現したほか、ネイティブのJavaリフレクションコールも大幅な最適化によって、標準のJavaによる呼び出しと比較してオーバーヘッドが少なくなった。また、事前のコンパイルによって出力されるJavaScript用バイトコードのファイルサイズ削減にも引き続き取り組んでいる。

 さらに、cheerpjfy.pyにおける--stub-nativesオプションの改善によって、ネイティブメソッドのためのJavaScriptスタブの生成が可能になっており、JavaScriptおよびWebAssemblyを用いたブラウザベースでの独自のネイティブメソッドを実装できるようになった。

 そのほか、事前コンパイラの堅牢性や、JavaとJavaScript間の相互運用性に関するいくつかの改善が行われている。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5