CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

GCP上で実行されるWindows VMのリモート管理を実現する「IAP Desktop」がリリース

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/05/25 16:25

 米Googleは、Google Compute Engine上で実行されているWindows VMへの安全なアクセスと管理を可能にする「IAP Desktop」を、5月22日(現地時間)にオープンソースで公開した。

 「IAP Desktop」は、Google Cloud上で実行されているWindows VMインスタンスへの複数のリモートデスクトッププロトコル(RDP)接続を管理できるWindowsアプリケーション。

 Identity-Aware Proxyサービスに基づいて構築されており、ユーザーのIDとリクエストのコンテキストを検証し、アプリケーションまたはVMへのアクセスを許可するかどうかを決定する。

 すべてのRDP接続は自動で暗号化され、IAPを介してトンネリングされるので、非公開のRDPまたはグローバルIPアドレスを持たないVMインスタンスにもアクセスできる。また、単なるリモートデスクトップクライアントに留まらず、Windows資格情報の生成や、ログの表示といった一般的な機能への、ワンクリックでのアクセスも提供される。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5