CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

アトラシアン、自動化統合機能を拡充し開発とビジネスのコラボレーションをよりスムーズに

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/06/03 13:10

 アトラシアンは、既存製品に対応する12の新機能を6月3日に発表した。これにより、開発者がイノベーションにより注力し、信頼性の高い製品やサービスを迅速に構築することができる。

 アトラシアンは、Jira Software、Jira Service Desk、Bitbucket、Opsgenieなどの製品に対して12の新しい自動化統合機能を提供することで、開発者がこれまで抱えていた課題が解決されることを目指す。

 主な自動化統合機能のアップデートは以下の通り。

拡張されたBitbucketのダッシュボードと自動更新:

 アサインされたJiraの課題やチームレベルで関連するプロジェクトなどを、Bitbucketから直接確認することができる。そのため、コードを離れて他のツールでステータスの更新や検索をすることなくプロジェクトの状況を把握し、タスク間を移動することができる。

Bitbucketのコードレビュー:

 コードの変更に関連する情報をすべてプルリクエストビューに表示することで、コードの変更をすばやく特定し、アクションアイテムとフィードバックを作成、そして一度に複数のプルリクエストに効率よく対応できる。

DevOps自動化トリガー:

 コードリポジトリにおけるコミットやプルリクエストをトリガーとして、開発アクティビティと各種作業を同期する自動化ルールを数クリックで作成することができる。コードのコミットやプルリクエストをトリガーにJiraの課題を自動的に更新することや、Jiraの課題のアサインを変更すること、新たなプルリクエストについて、チームのSlackチャンネルにメッセージを送ることまで、より複雑なルールを設定できる。

DevSecOpsと変更管理の自動化:

 Bitbucketのコードインサイトは、テストやエラー監視の自動化ツールをコードレビュープロセスに組み込むことが可能。また、Bitbucket Pipelinesから自動的にJira Service Deskに変更リクエストを作成し、新しいリスクアセスメントエンジンを利用して、変更のリスクをすばやくスコア化、リスクの低い変更を自動承認しデプロイすることができる。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5