CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Angular 10.0.0」がリリース

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/06/29 16:50

 オープンソースのアプリケーションフレームワーク「Angular 10.0.0」が、6月25日(現地時間)にリリースされた。これは、フレームワーク、Angular Material、CLIを含む、プラットフォーム全体のアップデートだが、前バージョンである「Angular 9.0」のリリースから4か月しか経ってないこともあり、通常よりは小規模なリリースとなる。

 「Angular 10.0.0」では、Angular Materialに新たな日付範囲ピッカーが追加されるほか、CommonJSでパッケージ化されている依存関係を使用するとアプリケーションの実行速度が遅くなる可能性があり、警告が表示されるようになった。

 さらに、ng newコマンドで新しいワークスペースを作成する際のオプションとして、より厳密なプロジェクト設定が可能なstrictフラグが追加され、同フラグを使用するとTypeScriptでstrictモードが有効になるほか、テンプレートタイプチェックのstrictへの変更、any型宣言を防ぐためのリントのルールの構成などが行われる。

 ほかにも、TypeScript 3.9への移行や、TSLibのバージョン2.0への更新、TSLintのバージョン6への更新、プロジェクトのレイアウトの更新、古いブラウザやあまり使われていないブラウザのデフォルトからの除外などの変更が実施された。

 なお、「Angular 10.0.0」からはESM5やFESM5に関連するパッケージやライブラリは提供されなくなった。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5