CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AWS、Java/.NETアプリをコンテナ化するコマンドラインツール「AWS App2Container」リリース

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/07/03 09:00

 米Amazon Web Servicesは、コードを変更することなくオンプレミスやAmazon Elastic Compute Cloud(EC2)、または他のクラウドで実行されているアプリケーションをコンテナ化する際に役立つコマンドラインツール「AWS App2Container」を、6月30日(現地時間)にリリースした。

 「AWS App2Container」は、サーバで実行されているアプリケーションを検出し、依存関係を識別してAmazon ECSおよびAmazon EKSへのシームレスなデプロイに関連するアーティファクトを生成する。さらに、AWS CodeBuildとAWS CodeDeployを組み合わせることで、コンテナアプリのデプロイを可能にする。

 アプリケーションのコンポーネントごとに、アプリケーションファイル/フォルダ、Dockerファイル、Amazon Elastic Container Registry(ECR)のコンテナイメージ、ECSタスク定義、KubernetesデプロイメントYAML、Amazon ECSまたはEKSへのデプロイのためのCloudFormationテンプレート、AWS CodeBuildとCodeDeployを活用するAWS Codepipelineでビルド/リリースパイプラインを設定するためのテンプレートといったアーティファクトが生成される。

 現時点では、Windows上のIIS 7.5以降で実行されているASP.NET(.NET 3.5以降)Webアプリケーション、およびLinux上で実行されているJavaアプリケーション(スタンドアロンのJBoss、Apache Tomcat)、Spring Boot/IBM WebSphere/Oracle WebLogicなどの汎用Javaアプリケーションのコンテナ化に対応している。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5