SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

CodeZineニュース

Red Hat、OpenShift/Kubernetes用CLI「odo 2.0」をリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Red Hatは、OpenShiftおよびKubernetes用のコマンドラインインターフェース(CLI)である「odo 2.0」を、10月6日(現地時間)にリリースした。

 「odo 2.0」は、Kubernetesとの統合によって、Kubernetesでのアプリケーションの作成、ビルド、デプロイが可能になっており、ホスト型クラウドプロバイダ、自己管理型クラスタ、Minikubeなどのツールを使用してローカルでホストされているかに関係なく、対応するKubernetesクラスタを使用できる。

 ほかにも、devfilesを使ったアプリケーションのデプロイが可能になるとともに、カスタムリソース定義を使用したサービスインスタンスの作成にも対応している。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者

CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/13013 2020/10/09 13:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング