CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

JavaScriptライブラリ「Wijmo 2020J v3」がリリース

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/12/02 15:25

 グレープシティは、業務システム開発に便利なUIコントロールを数多く収録したJavaScriptライブラリ「Wijmo(ウィジモ)」の新バージョン「Wijmo 2020J v3」を、12月2日に発売した。1年定額制のサブスクリプション方式で、最上位エディション「Wijmo Enterprise」の初回費用は1ユーザーライセンスあたり税込13万2000円、更新費用は税込5万2800円。

 「Wijmo 2020J v3」では、新コントロールとしてカレンダーから日付の範囲を選択できる「日付範囲コントロール(InputDateRange)」が追加され、データ管理コントロール「CollectionView」の機能強化として、動的な計算フィールドの追加が行われたほか、getErrorの全体エラーメッセージ表示が可能になっている。

 また、データグリッドコントロール「FlexGrid」の機能強化として、セル編集時に空白のセルに「セルの列名」をプレースホルダーとして表示できるようになるとともに、DataMapセルの編集時に大文字と小文字を区別した入力補完が可能になった。

 さらに、円グラフコントロール「FlexPie」における複数円グラフのレイアウト制御、入力コントロール「AutoComplete」における入力文字列で始まる項目だけの表示、「Calendar」「InputDate」における複数月カレンダーの表示に対応している。

 ほかにも、対応フレームワークを拡大し、Angular 11およびReact 17に対応した。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5