CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

2020年もJavaScriptは進化、フレームワークやビルドツールでは有力な新顔も登場

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/21 08:00

 JavaScriptに関する年次調査の2020年版「State of JS 2020」が公開されている。

 同調査では、2020年のJavaScriptにおける特筆すべき進化として、Optional ChainingやNULL合体による言語自体の改善や、TypeScriptの普及による静的型付けの普及を挙げた。

 フレームワークに関しては、Svelteが急速にその地位を確立しつつあるものの、ReactとVueの優位は揺らいでいない。

 また、データ層ではGraphQLおよびその関連テクノロジーが確固たる地位を築き上げており、バックエンドフレームワークではNext.jsが高い満足度を維持する一方で、Expressの人気も高まっている。

 ビルドツールでは、webpackが高い優位性を確立しつつある中で、Snowpackやesbuildといった新たなツールが登場し、変動の予感がみられる。

 モバイル分野では、ElectronとReact Nativeがもっとも知られているが、ExpoやCapacitorなど新たなツールも登場している。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5