CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「AWS Fault Injection Simulator」が提供開始、障害発生時の反応を実験可能に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/18 12:00

 米Amazon Web Servicesは、意図的に障害を挿入することで、障害発生時にどのようなことが起こるかを確認できるサービス「AWS Fault Injection Simulator」の提供を、3月15日(現地時間)に開始した。

 AWS Fault Injection Simulatorを使用することで、AWS上に構築したシステムが、さまざまなタイプの障害が発生した際に、どのように反応するかを学ぶことが可能であり、障害モードをよりよく理解できるようになる。実稼働前の環境での実験をはじめ、CI/CDワークフローの一部として、実稼働環境での実験実施にも対応している。

 AWS Fault Injection Simulatorによる実験は、現時点ではAmazon Elastic Compute Cloud(EC2)、Amazon Elastic Container Service(ECS)、Amazon Elastic Kubernetes Service(EKS)、Amazon Relational Database Service(RDS)上での実施に対応しており、2021年中のリソースやアクションの追加を予定する。

 タイプ、タグ、ARN、または特定の属性を照会することでターゲットリソースを選択可能で、CloudWatchアラームで定義した1つ以上の停止条件が満たされた場合に、実験を停止できるので、予期しない問題などが発生した際には、ただちに実験を終了できる。

 AWS Fault Injection Simulatorは、アジアパシフィック(大阪)と中国を除く、すべての商用AWSリージョンで提供を開始している。料金はアクションの実行時間(分)に基づいて決定される。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5