CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Terraform AWSプロバイダがECS Anywhereに対応

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/07 08:00

 米HashiCorpは、Terraform AWSプロバイダにおける、オンプレミスサーバでのコンテナベースアプリケーションの実行と管理をサポートするAmazon ECSの新機能ECS Anywhereのサポートを、6月1日(現地時間)に発表した。

 ECS Anywhereでは、オンプレミスのコンテナ管理が簡素化され、オンプレミスでコンテナオーケストレータを実行、更新、維持する必要がなくなり、一貫したガバナンスによって運用環境に関係なく、すべてのコンテナベースのアプリケーションに同じツールやAPIを使えるようになる。

 ECS Anywhereを用いたハイブリッドフットプリント管理によって、オンプレミス環境でコンテナ化して実行しているアプリケーションを、いつでも簡単にクラウドに拡張できる。

 Terraform AWSプロバイダで、ECS Anywhereの使用を開始するには、新規または既存のaws_ecs_task_definitionにプロパティ「EXTERNAL」を追加する必要がある。また、「Terraform v0.12」以降がインストールされており、最新のTerraform AWSプロバイダにおいてECS Anywhereの機能を試せる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5