CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AWS、同社設計によるチップを使用した、新たなAmazon EC2インスタンスを発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/12/02 10:00

 米Amazon Web Servicesは、同社が設計したチップを搭載した、新たな3つのAmazon EC2インスタンスの提供を、11月30日(現地時間)に発表した。

 AWS Graviton3プロセッサを搭載した「C7g」インスタンスは、AWS Graviton2プロセッサを搭載した「C6g」インスタンスと比較して、最大25%優れたパフォーマンスを提供する。

 Elastic Fabric Adapter(EFA)をサポートしているため、アプリケーションはネットワークインターフェイスカードと直接通信でき、HPCやビデオエンコーディングといった大規模な並列処理を必要とするアプリケーションのパフォーマンスを向上できる。

 AWS Trainiumチップを搭載した「Trn1」インスタンスは、Amazon EC2における機械学習モデルのトレーニング環境としては、最高のコストパフォーマンスと処理速度を実現する。

 800GbpsのEFAネットワーキング帯域幅を提供し、機械学習トレーニングをペタビットスケールのネットワーキングと相互接続された10000以上のTrainiumアクセラレータに拡張可能で、スーパーコンピューティングクラスのパフォーマンスにオンデマンドでアクセスできるEC2 UltraClustersに対応している。

 AWS Nitro SSDを搭載した「Im4gn/Is4gen/I4i」は、I/O集中型ワークロードにおける高いストレージパフォーマンスを提供する。

 最大30TBのNVMeストレージによって「I3」インスタンスと比較して、最大60%低いI/Oレイテンシ、75%低いレイテンシ変動によって、アプリケーションパフォーマンスの最大化を可能にした。

 なお、「C7g」インスタンスと「Trn1」インスタンスは、すでにプレビューが開始されている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5