CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

GoogleドキュメントやGoogleカレンダーにバッチAPI追加

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/10/04 11:19

Googleは、GoogleドキュメントやGoogleカレンダーに対し、一括で処理を行えるバッチAPIを追加した。

 Google Data API Teamは2日、GoogleドキュメントやGoogleカレンダーに対し、一括で処理を行えるバッチAPIを追加した。

 このAPIは「GData Java client library」を介して利用できるもので、更新、参照、挿入、削除といった処理内容を記述したフィードを生成し、これをWebサービスに送信する仕組みとなる。

 Googleによれば、同社WebサービスAPIを利用するにあたってボトルネックとなるのは「HTTPリクエスト」だという。今回のバッチAPIを利用すれば1度のフィードでさまざまな処理を行えるため、この問題点を解消することができる。バッチAPIは、Googleドキュメントの場合はスプレッドシートのセルフィードに対して、Googleカレンダーの場合はイベントフィードに対して処理を行える。

 なお、この「バッチ処理」を定期的に行う仕組みは用意されていない。定期バッチ(日次バッチなど)を行う場合はクライアント側で処理をスケジューリングし、バッチAPIを実行する必要がある。

Official Google Data APIs Blog: Google_data.bat
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5