Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「ネット業界勤務の第二新卒はキャリアアップ志向が高い」 イーキャリアプラス調べ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/02/07 11:29

ソフトバンク・ヒューマンキャピタルは、インターネット関連業界勤務と非インターネット関連業界勤務の第二新卒に対し意識調査を行った。

 ソフトバンク・ヒューマンキャピタルはインターネット関連業界勤務と非インターネット関連業界勤務の第二新卒に対し意識調査を行った。

 同社が運営する転職サイト「イーキャリアプラス」が、第二新卒の男女300名に対し行ったアンケートによると、「能力・成果主義の給与制度を望んでいる」「キャリアップ出来る会社があれば転職したほうが良い」「チャンスがあれば起業したいと考えている」といった項目においてYESを回答した割合は、インターネット関連業界勤務者の方が全ての質問で高かった。

  • 能力・成果主義の給与制度を望んでいる
    • インターネット関連業界勤務者…66.0%
    • 非インターネット関連業界勤務者…58.7%
  • キャリアップ出来る会社があれば転職したほうが良い
    • インターネット関連業界勤務者…74.7%
    • 非インターネット関連業界勤務者…58.7%
  • チャンスがあれば起業したいと考えている
    • インターネット関連業界勤務者…62.0%
    • 非インターネット関連業界勤務者…54.0%

 また、「あなたは出来ることなら現在勤めている会社で定年まで働きたいと思いますか?」という質問で「思う」「どちらかといえば思う」と回答したのは、インターネット関連業界勤務者が20.7%だったのに対し、非インターネット業界勤務者は36.7%と、こちらもキャリアアップ志向を裏付ける結果となった。

 これらの回答結果から、インターネット業界勤務の第二新卒はキャリアアップ志向や起業志向が高いということがうかがえる。インターネット関連業界はまだ歴史の浅い業界であるため、自分の道は自分で切り開くという心構えを持つ人が多いのかもしれない。

 ソフトバンク・ヒューマンキャピタル株式会社のWebサイトでは詳細な結果を参照することができる。

 
【関連リンク】
プレスリリース~「第二新卒」の仕事に対する意識調査~(ソフトバンク・ヒューマンキャピタル株式会社)
イーキャリアプラス

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5