CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

マイクロソフトが次世代ソリューション製品群を発表、主役は現場

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/04/15 21:45

マイクロソフトは15日、ITプロ・開発者向けのカンファレンス「the Microsoft Conference 2008」を開催。「Windows Server 2008 日本語版」の出荷も同日より開始した。

 マイクロソフトは15日、ITプロ・開発者向けのカンファレンス「the Microsoft Conference 2008」を開催。Windows Server 2008、Visual Studio 2008、SQL Server 2008の最新情報が紹介され、「Windows Server 2008 日本語版」の出荷も同日より開始した。

 基調講演では、米Microsoft プレジデントのJeff Raikes氏、マイクロソフト 代表執行役社長 の樋口泰行氏が登壇し、「 HEROES happen {here} 」と題して、3製品を軸にした今後の企業システム構築のビジョンを、デモを交え紹介した。ITにおけるヒーローは、今現在 現場を支えているITプロ、開発者であるという思いが込められている。

米Microsoft プレジデント Jeff Raikes氏
米Microsoft プレジデント Jeff Raikes氏

 Raikes氏は、ITのコンシュマーは減少していると思いがちだが、ITの複雑さ、多様化はますます増しており、今こそITを使ってビジネスを進歩させるのに絶好機、とまず述べた。

 マイクロソフトでは、ITをビジネスにおける戦略的な資産として位置づける取り組みとして「Dynamic IT」を推進しており、今回の3製品をその中核に位置付けている。例えば、経営者にとって80%近くの資源がシステム保守に掛けられ、残り20%が革新のために使われるような状況は不満であるが、これらを逆転し、今後はITがコストを発生させるものではなく、ビジネスを推進するものとして位置づけられるようにする、といったものだ。

 これを実現するには、セキュアで信頼性の高いプラットフォームが必要になるが、Windows Server 2008では、コア機能として提供されるハイパーバイザー型の仮想化機能(Hyper-V)、クラスタリングされたファイルサーバーの効率的な管理、ServerCoreによる最小限で軽量・セキュアなインストール、DBアクセス・パフォーマンス・セキュリティポリシー・ネットワークの効率的な管理等により、IT管理者の負荷を大きく軽減する。

 また、次世代Webといった面ではリッチなUIを持つデザイン性が重視されるが、Visual Studio 2008の、Silverlightに対応したExpression Blend 2とのシームレスな連携、分割ビュー表示、ASP.NET AJAX等々による生産性の向上についても触れられた。

 続いて樋口氏は日本における取り組みについて語り、製品単体ではなく、ハードウェア、ソフトウェア、SI各分野のパートナーとの協力が不可欠であることを強調した。ビジネスとIT一体であり、ITを支えているのは{現場}のIT技術者であると述べた。

マイクロソフト 代表執行役社長 樋口泰行氏
マイクロソフト 代表執行役社長 樋口泰行氏

 今後は、Dynamic ITを実現する製品と技術の提供、製品品質とセキュリティレベルの更なる向上、パートナーとの魅力的なエコシステムの構築を推進していきたいと結んだ。

 なお、同カンファレンスのコンテンツや基調講演の内容は、バーチャルイベント「Virtual Launch Experience」でも15日より公開されているので、こちらも参考されたい。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5