Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「ITパスポート試験」のサンプル問題公開

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/06/27 11:14

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は26日、「ITパスポート試験」のシラバスを策定した。今回公開されたシラバスでは、昨年12月25日に公開した「新試験制度の手引」の中で示した出題範囲を更に詳細化。項目ごとの学習の目標、内容及びサンプル問題(70問)を示した内容となっている。

 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は26日、「ITパスポート試験」のシラバスを策定した。

 ITパスポート試験は、2009年4月の春期試験以降に適用される新試験制度下で、「ITに携わる職業人として誰もが共通に備えておくべき基礎的な知識」を測るレベル1の試験として新規に創設されるもの。IT人材の裾野を拡大し、国全体のITの活用能力を向上させることを目的とし、現在の基本情報技術者試験の下に置かれる。

新試験制度(IPA「-高度IT人材への道標- 新試験制度審議委員会報告書」より抜粋)
新試験制度(IPA「-高度IT人材への道標- 新試験制度審議委員会報告書」より抜粋)

 今回公開されたシラバスでは、昨年12月25日に公開した「新試験制度の手引」の中で示した出題範囲を更に詳細化。項目ごとの学習の目標、内容及びサンプル問題(70問)を示した内容となっている。

 同機構では、「本シラバスが、試験の合格を目指す受験者の方々にとっての学習指針として、また企業・学校の教育プロセスにおける指導指針として、有効活用されることを期待する」と述べている。

 なお、基本情報技術者試験(レベル2)と応用情報技術者試験(レベル3)は08年10月に、高度試験(レベル4)は09年3月にシラバス公開が予定されている。

 
【関連リンク】
「ITパスポート試験(レベル1)シラバス」の公開について
新試験制度特集ページ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5