Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

マイクロソフトがクラウド参戦、「Azure Services Platform」を発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/10/28 11:42

 マイクロソフトは27日、クラウド向けの総合プラットフォーム「Azure Services Platform」と、そのサービス基盤となる「Windows Azure」を発表した。

 マイクロソフトは27日、クラウド向けの総合プラットフォーム「Azure Services Platform」と、そのサービス基盤となる「Windows Azure」を発表した。

 Azure Services Platformは、同社が新たに展開するクラウドコンピューティングサービス。ストレージ、コンピューティング、ネットワークの基盤サービスとクラウドベースの開発者向け機能を組み合わせたサービスとなっている。主な構成要素は次のとおり。

  • Windows Azure
    サービスのホスティングと管理、ローレベルのスケーラブルなストレージ、コンピューティング、ネットワーキングを提供
  • SQL Services
    広範なデータベースとレポーティングのサービスを提供
  • .NET Services
    ワークフローやアクセス制御などの.NET Frameworkにおける周知の概念のサービスベースによる実装
  • Live Services
    ユーザーが文書、写真、ファイル、情報を保管、共用、同期するためのPC、電話、PCアプリケーション、ウェブサイトにかかわらない一貫した手段を提供
  • SharePoint、Dynamics CRM Services
    クラウドにおけるコンテンツ管理、コラボレーション、迅速なソリューション展開を提供
Azure Services Platformの概念図(※Azure Webサイトより転載)
Azure Services Platformの概念図(※Azure Webサイトより転載)

 Azure Services Platformでは.NET FrameworkやVisual Studioでのアプリケーション開発ができる。SOAP、REST、XMLをサポートし、将来的にはPHPやRuby、Pythonといった他言語や、Eclipseなどの開発ツールも利用可能になるという。

 リリース時期は未定だが、マイクロソフトはPDC 2008に出席した開発者向けにコミュニティテクノロジプレビュー(CTP)版を限定配布した。なお、各種SDKやツールはWeb上でダウンロードできる。

 
【関連リンク】
Azure Services Platform
マイクロソフト、Professional Developers ConferenceにおいてWindows(R) Azure を発表(プレスリリース)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5