Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Google App Engine SDK 1.2.5」リリース
メッセージングのオープン標準「XMPP」をサポート

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/09/08 13:35

 Googleは3日、JavaとPythonの両プログラミング言語向けに「Google App Engine SDK 1.2.5」をリリースした。オープンスタンダードなメッセージングプロトコル「XMPP」をサポートし、Javaでもタスクキューが実装された。

 Googleは3日、JavaとPythonの両プログラミング言語向けに「Google App Engine SDK 1.2.5」をリリースした。

 今回のバージョンでは、新たにオープンスタンダードなメッセージングプロトコル「XMPP」をサポートした。XMPP(Extensible Messaging and Presence Protocol)は、オープンソースのインスタントメッセンジャー「Jabber」由来のメッセージングプロトコルで、RFC 3920~3923で規定されている。Googleが提供するメッセージツール「Googleトーク」や、開発中の次世代のコミュニケーション基盤「Google Wave」でもサポートされている。

 このほか、Python向けに用意されていたタスクキューがJavaでも利用できるようになるなど、改良が加えられた。また、Windowsプラットフォーム向けにも「App Engine Launcher」が提供された。

 
【関連リンク】
Google App Engine Blog: App Engine SDK 1.2.5 released for Python and Java, now with XMPP support
Google App Engine Blog: App Engine Launcher for Windows

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5