Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

MS、「Windows Azure Platform」を日本市場で本格展開
50社のパートナー企業と日本での導入を推進

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/02/23 11:13

 米Microsoftは22日、クラウドコンピューティングプラットフォーム「Microsoft Windows Azure Platform」を日本市場において本格的に事業展開すると発表した。日本市場向けの製品サイトを開設し、技術情報や開発者支援策を提供する。

 米Microsoftは22日、クラウドコンピューティングプラットフォーム「Microsoft Windows Azure Platform」を日本市場において本格的に事業展開すると発表した。既に50社のパートナー企業がWindows Azure Platformの採用や対応アプリケーションの開発を表明している。

 Windows Azure Platformは、全世界のマイクロソフトのデータセンターをベースに、インターネット経由でコンピューティングリソースを提供するクラウドコンピューティングプラットフォーム。クラウドオペレーティングシステムであるWindows Azureと、クラウドデータベースであるSQL Azureなどが含まれる。2008年10月のPDCで発表され、この1月から世界21か国で正式にサービスを開始している。

 日本市場での展開に際して、MSDNオンラインでWindows Azure Platform関連コンテンツを拡充し、ホワイトペーパーを公開するなど、開発者向けに対応アプリケーションの開発促進を図る。また、MSDN Premiumユーザーには「Windows Azure Platform MSDN Premiumプラン」が提供され、Windows Azureの無料利用時間枠が追加される。

 Windows Azure Platformの製品概要は、23日に開設された「Windows Azure Platformサイト」にて公開中。また、2月1日から7月31日までの期間、一定量までのサービスを無償で利用できる期間限定の「導入特別プラン」なども実施している。

 
【関連リンク】
「Microsoft Windows Azure Platform」を日本市場において本格展開
Windows Azure Platform デベロッパーセンター
Windows Azure Platform Benefits for MSDN Subscribers

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5