CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

米VMware CEO、「ハイブリッドクラウドで次世代のリーダーを目指す」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/03/02 19:00

 3月2日、米VMware CEOのポール・マリッツ氏が来日会見を行い、主にクラウドコンピューティング事業を中心とした2010年度の事業戦略を語った。

 マリッツ氏はクラウドコンピューティングについて、「どこではなく、どのように行われるかが重要。自動管理されたサービスを社内外を問わずオンデマンドで利用できるインフラとして、既存のモデルを守りながらビジネスの新しい選択肢を提供する。大半の企業は、プライベートとパブリックを織り交ぜた『ハイブリッドクラウド』のシナリオが共通の概念になるだろう。VMwareではこのように包括的なコンピューティング環境を実現するための製品やサービスを今後数年間で提供していく」と述べた。

米VMware CEO ポール・マリッツ氏
米VMware CEO ポール・マリッツ氏

 また、クラウド環境のアプリケーション開発において、実装の省力化、オンデマンドの拡張等を可能にする効率的なアプリケーションフレームワークが不可欠であるとし、Javaのアプリケーションフレームワーク「Spring Framework」を提供する米SpringSourceを昨年買収したこともその一環であると説明した。クラウドにおける仮想化と、このアプリケーションフレームワークの関係を、伝統的なOSが提供する2つの機能、ハードウェア管理とAPIの提供に例えている。仮想アプライアンスの必要性についても指摘した。

 最後にマリッツ氏は、「IT企業のリーダーは、メインフレーム、PC/クラサバ、WebというIT環境の遷移に伴って交代してきたが、来るクラウドの時代ではVMwareがその一端を担っていきたい」と今後の事業戦略に対する意気込みを語った。

クラウドではVMwareがリーダーになりたい
クラウドではVMwareがリーダーになりたい

 
【関連リンク】
ヴイエムウェア

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5