Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Google Chrome 4.1」安定版リリース
多言語間の翻訳機能をサポート

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/03/18 11:40

 米Googleは17日(現地時間)、Webブラウザ「Google Chrome 4.1.249.1036」をWindowsの安定版(Stableチャンネル)としてアップデートした。

バージョン4.1.249.1036は15日にベータ版として更新されていたもので、安定版の更新は2月の4.0.249.78以来となる。Chrome利用者は自動更新されるほか、公式サイトから入手できる。

 Google Chrome 4.1では、Google Translateの機能を利用した多言語間の翻訳機能がサポートされており、日本語以外のWebページを表示した際に翻訳バーが表示される。またオプション設定に「コンテンツの設定」が導入され、「Cookieの保存」や「JavaScriptの実行」「ポップアップ表示」などセキュリティにかかわるコンテンツの5項目について、許可か拒否かを設定できる。

 なお、実験的に導入されていたXSS検知機能は、パフォーマンス上の問題があるとして無効になっている。そのほか、いくつかのセキュリティフィックスが加えられている。

 
【関連リンク】
At the end of the rainbow, a new pot of Chrome!
Stable Channel Update
A brabhsalai greasain ilteangach (or, a multilingual web browser)
A faster, simpler, and safer browser goes polyglot

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5