Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

デバイスドライバ開発ツール「WinDriver v10.20」発売
新たにMac OS Xに対応

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/07/09 12:33

 エクセルソフトは8日、Jungo社のUSB/PCIデバイスドライバの開発ツール「WinDriver v10.20」を国内で販売開始した。

 WinDriverは、USBとPCIデバイスのドライバをユーザーモードで開発できるツールキット。グラフィカルな開発環境、API、ハードウェア診断ユーティリティおよびサンプルコードが含まれており、簡単にUSBおよびPCIドライバの開発ができる。また、ハードウェアへのアクセスもWinDriverのカーネルドライバが提供するため、インストール後すぐに対象のデバイスと通信が可能。WinDriverで開発したソースコードは対象のOS間で互換性もある。

 最新バージョンの10.20では、新たに対象OSにMac OS X 10.5.x/10.6.xが追加され、PCIおよびPCI Expressをサポートする。

 対象OSはWindows/CE/Linux/Mac。価格はOSとデバイスの種別ごとに異なり、Windows版・PCIデバイス開発用で515,550円(税込)からとなっている。詳細は公式サイトを参照のこと。

 
【関連リンク】
デバイス ドライバ開発ツール Jungo WinDriver ウィンドライバー

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5