Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ASP.NETでのiPhone/iPad向けWebアプリ開発を支援するコンポーネント「ComponentOne Studio for iPhone-UX 2011J」の発売が決定

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/10/13 18:40

 グレープシティは、iPhone/iPadでの閲覧・操作に最適化したASP.NETアプリケーションの構築を支援するコンポーネント製品「ComponentOne Studio for iPhone-UX 2011J」を、11月25日から販売開始すると発表した。

 ComponentOne Studio for iPhone-UX 2011Jは、Visual StudioでASP.NETを開発するのと同じ手法で、iPhone/iPadに最適化したWebサイトやWebアプリケーションを作成できるコンポーネント群。iPhoneライクなボタンやカレンダー、ダイアログをはじめ、スクリーンタッチでの切り替えが可能なラウンチパッドやマルチビュー、カバーフローなど、Ajaxに対応した10種類以上のASP.NETコンポーネントを収録している。

 スマートタグやデザイナフォームといったGUIも併せて提供されているため、開発の際は通常のASP.NETでの開発と同様に、Visual Studio上でコンポーネントを選択してドラッグ&ドロップで画面をデザインし、プロパティで各種設定、必要な作り込みはVisual BasicやC#で行うといったアプローチでよい。各コントロールは、オートローテーション(縦横の画面切り替え)やタップ、ドラッグといったiPhone/iPadでのスクリーン操作に対応しており、わざわざObjective-CやiPhoneプラットフォームのデザイン原則などの新技術を習得する必要もない。CSSにも対応しているため、使い慣れた技術で、iPhone/iPad向けのASP.NETアプリケーションを構築することができる。収録されている各コンポーネントの種類や動作は、グレープシティのデモページで確認してほしい。

サンプル画面:スイッチボタン、チェックリスト、スライドバーなどiPhoneに標準搭載されているネイティブアプリケーションと同様のナビゲーションスタイルが用意されている
サンプル画面:スイッチボタン、チェックリスト、スライドバーなどiPhoneに標準搭載されているネイティブアプリケーションと同様のナビゲーションスタイルが用意されている
カレンダーUIも搭載しており、システム側との連携も通常のASP.NETと同様の方法で実装可能
カレンダーUIも搭載しており、システム側との連携も通常のASP.NETと同様の方法で実装可能
iPhoneライクな入力用コントロールも搭載
iPhoneライクな入力用コントロールも搭載

 グレープシティでは、通常のWebページの最適化のほか、近年、増加している業務用として支給されたiPhone/iPadからの業務系Webサイト/Webアプリケーションにおける閲覧・操作の最適化といったシーンでの採用を想定しているという。

 開発ツールはVisual Studio 2010日本語版に対応。1開発ライセンスの価格は、パッケージ版が115,500円、ダウンロード版が103,950円となっており、アプリケーション配布時には別途サーバーライセンスが必要となる。なお、ComponentOne Studio 2010J Enterpriseの登録ユーザーには、期間限定での無償提供が予定されている。

 
【関連リンク】
iPhone/iPadに最適化したASP.NETコンポーネント登場(プレスリリース)
ComponentOne Studio for iPhone-UX 2011Jデモページ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5