Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

デバイスドライバ開発ツール「WinDriver v10.31」発売、Windows 7 SP1に対応

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/05/24 13:24

 エクセルソフトは24日、デバイスドライバ開発ツールの最新版「WinDriver v10.31」(開発:Jungo社)を発売した。

 USBおよびPCI/PCI-Expressのデバイスに対応しており、カーネルレベルのプログラミング知識を必要とすることなく、ウィザードや各種API、ツールを使うことで簡単にデバイスドライバを開発できる。また、ツールがハードウェアアクセスを提供するため、インストール後すぐにデバイスとの通信が可能。対応するOSごとに製品が分かれているが、WinDriverで開発したコードは製品群がサポートするOS間で互換性がある。

 バージョン10.31では、Windows 7 SP1、Windows Server 2008 R2 SP1およびLinuxカーネル 2.6.38を新たにサポートした。

 価格はWindowsのPCIデバイス向け、USBデバイス向けがともに税込515,550円から。

 
【関連リンク】
WinDriver

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5