Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

マジックソフトウェア・ジャパン、開発ツールの月額利用サービス「uniPaaS on Demand」を提供

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/10/27 15:55

 マジックソフトウェア・ジャパンは27日、ビジネスアプリケーション開発プラットフォーム「Magic uniPaaS」(マジック ユニパース)を必要な時に月額料金で利用できるサービス「uniPaaS on Demand」(ユニパース オンデマンド)を提供すると発表した。

 Magic uniPaaSは、同社が提供するビジネスアプリケーション開発フレームワーク。ひとつの開発パラダイムでRIA(Rich Internet Application)のクライアントおよびサーバの両方を統合開発できるツールで、生産性と保守性に優れている。

 uniPaaS on Demandは、インターネット経由でAPシステム一式を配信するサービス「クラウドストリームサービス」(提供:ユニアデックス社)が基盤となっている。開発環境はOSやデータベースを含め、仮想化して提供されるため、インストールやパラメータ設定といった作業の必要がなく、短期間で開発・実行環境の構築が可能だ。

 uniPaaS on Demandを利用することで、開発用ライセンス購入のスタートアップコストを抑えられる。また、既にMagic uniPaaSを使用している場合は、開発者の一時的な増員が求められる状況などに、開発環境を必要な期間だけ追加できる。

 uniPaaS on Demandの利用料金は、1ユーザーあたり月額25,000円(継続利用期間に応じて割引あり)。なお、Magic uniPaaSパッケージを購入する場合の価格は、1ユーザーあたり60万円となる。


【関連リンク】
マジックソフトウェア・ジャパン
「uniPaaS on Demand」

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5