Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

センドメール、検知率98%を誇るセキュリティアプライアンスを発表

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2006/10/03 16:45

センドメール株式会社は10月2日、株式会社CSKWinテクノロジおよび株式会社テンアートニと共同で、セキュリティアプライアンスサーバ「EasyNetBox for Spam Filter powerd by Sendmail」を販売開始を発表。誤検知を0.0001%に抑えることができる。

 センドメール株式会社は10月2日、株式会社CSKWinテクノロジおよび株式会社テンアートニと共同で、セキュリティアプライアンスサーバ「EasyNetBox for Spam Filter powerd by Sendmail」(以下、ENBスパムフィルタ)の販売開始を発表した。価格は100ユーザーモデルが687,750円、200ユーザーモデルが850,500円(共に税込)。

 ENBスパムフィルタ開発の背景として、センドメール小島社長は「既存の迷惑メール対策技術は30~99%レベルまでと大きな差がある。そのためシステム部門が迷惑メールフィルタを評価するためには、非常に高度な知識が必要。また誤検知によるユーザーからのクレームも管理者の大きな負担となっている」と述べた。

製品の説明をするセンドメール小島社長
製品の説明をするセンドメール小島社長

 同製品は検地率98%以上を誇る迷惑メール対策フィルタ「Mailstream Manager Anti-Spam」を搭載。そのため正規メールを迷惑メールと判定する誤検知を0.0001%に抑えることができる。この高い検知率の理由はコラボレーション方式を採用しているため。同方式は内容や言語ではなく、メールの中で変更不可能な部分に焦点を当てスパムメール特有の特徴を抽出した情報である“フィンガープリント”によって判定する。また正確な情報を寄せるユーザーは信用度を上げ、誤った情報を故意に送るユーザーは信用度を下げることでデータベースの品質を維持する機能も備えている。

 その他、主な機能と特徴は下記の通り。

  • ユーザーが個別に迷惑メール処理の設定が可能
  • 既存のメールシステムに影響を与えずにアドオン導入可能
  • WebベースのGUIでの設定だけで使用可能
  • メール処理量、迷惑メール検知率、ポリシー別統計などをリアルタイムに表示可能

 また同製品における3社の役割は以下の通り。

  • センドメール株式会社
  • ソフトウェアサポートを行うとともにプロモーション、プリセールスを行う
  • 株式会社CSKWinテクノロジ
  • 同製品のサポート及びプロモーション、パートナー開拓・支援、プリセールスを行う
  • 株式会社テンアートニ
  • 同製品のアプライアンス化及び中小規模ユーザーへの販売を行う
製品画面
製品画面
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5