Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

【デブサミ関西2012】プラットフォームとともにSDKも統合・刷新!GREE Platform SDK開発までの道のり

セッションC-2「Globalな複数拠点間での共同開発プロジェクト -GREE Platform SDK-」

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/10/18 12:30

目次

グローバル開発の課題となったのは、
時差や暦、エンジニアの方向性の違い

 今回のGREE PlatformおよびSDKの開発は米国チームとの共同作業であり、高木氏らはグローバルな開発体制ならではの課題にもたびたび直面した。特に影響が大きかったのは、“時差”や“暦”の違いだ。

 「特にリアルタイムなコミュニケーションをとることが難しかった。例えば日本が月曜日でも米国ではまだ日曜日ということもあるし、各国独自の祝日などもある。時差の関係で、電話やテレビ会議を行う時間が一方の国ではどうしても早朝や深夜の時間帯になってしまうことも多かった」(高木氏)

 なお、コミュニケーションは原則すべて英語で行っていたが、“言葉の壁”については、それほど問題にはならなかったという。

 「米国チームは、こちらがあまり英語が得意ではないことを理解しているので、分かりやすく丁寧に話してくれた。また、米国側で独自に日本語の講習会を開くなど、かなり言葉の壁を乗り越えようと意識してくれていた。おかげで、我々は不慣れな英語ながら活発に意見交換できたと思う」

 時差や暦の違いのほかに、もう一つ、日米チーム間のギャップとしてあったのは、“エンジニアの方向性の違い”だ。高木氏によると、米国のエンジニアの多くはネイティブベースのアーキテクチャを得意とし、最適化や高速化が得意な人も多かったという。これに対して、日本のエンジニアはWebベースのアーキテクチャおよび共通化や互換性の確保を得意とする傾向が強かったそうだ。日米でエンジニアの方向性がはっきり分かれているのはなかなか興味深いが、最適化・高速化と共通化・互換性はほとんどの場合、トレードオフの関係にある。そのため、「実装に関してどちらをとるか、議論が白熱することもあった」と高木氏は語る。

 「そのような場合、日米のエンジニア同士でしっかり話し合って方向性を決めていくのはもちろんだが、基本的にはSDK開発における役割分担を適正化して、それぞれが力を発揮できるような体制にした」

 具体的には、米国のエンジニアはAPIに近い部分や高いパフォーマンスが必要なベース箇所を担当し、SDKの基本性能の向上に注力。一方、日本のエンジニアはHTML5やJavaScript、WebKitを使ったWebサービス機能などを担当するとともに、今回サーバ側は主に日本で開発していたので、日本のサーバエンジニアと密接にかかわる部分をカバー。こうした体制によって、距離やコミュニケーションの問題を解消しながら、GREE Platform SDKの開発を成功させることができたのだ。

 最後に、高木氏は「今回のSDK開発を通じて考えた」という、今後求められるエンジニア像として、次の3つの条件を挙げた。

  • Webとネイティブ、両方の技術を持ったエンジニア
  • インフラを意識できるエンジニア
  • ビジネス面を意識できるエンジニア

 1つ目については、多くの方がすでに実感していることでもあるだろう。

 2つ目の「インフラを意識できる」とは、高木氏によれば「世界中でアプリケーションが使われることを意識し、どんな環境のユーザーにもサービスを提供できる」ということだ。例えば、スマートフォン向けアプリ開発なら、そのアプリが使われるであろう国の通信回線状況や端末の普及状況なども考慮したうえで、通信量や対応OSのバージョンなどを含めた最適な実装を考えなければならない。

 また、3つ目の「ビジネス面を意識できる」については、高木氏は「ビジネス面でのメリットとリスクも考慮して、使うべき技術を考えられる」ことであると補足。

 これら3つをすべてクリアするのは、かなりハードルが高いように思えるが、世界で戦えるエンジニア、そしてグリーが求める「世界で10億人が利用するサービス」を作るエンジニアを目指すなら、いずれは克服しなければならない条件ともいえるだろう。

米国のエンジニアと日本のエンジニアは、得意分野がはっきりと分かれた。
実際の開発では、それぞれの特性に合わせて力を発揮できるように役割を分担。
米国のエンジニアと日本のエンジニアは、得意分野がはっきりと分かれた。実際の開発では、それぞれの特性に合わせて力を発揮できるように役割を分担。
お問い合わせ

グリー株式会社

東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー

http://www.gree.co.jp/



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:【デブサミ関西2012】セッションレポート
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5