Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

sendmailの開発者、メールの歴史と今後の展望を語る

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2006/11/21 19:10

sendmailの開発者であり、米Sendmail社の創設者でもあるEric Allmanが21日来日し、都内で「メール四半世紀の歴史と今後の展望を行う」セミナーを行った。

 sendmailの開発者であり、米Sendmail社の創設者でもあるEric Allmanが21日来日し、都内で「メール四半世紀の歴史と今後の展望を行う」セミナーを行った。

Eric Allman氏
Eric Allman氏

 講演は横軸に時間、縦軸にホスト数をとってプロットした指数関数状のグラフをベースに、各イベントを時系列に沿って紹介する形で進められた。

 まずはインターネットの前身であるARPANET時代の話から始まり、Eメール、公開鍵、BBS、spamなどの原型を紹介。その後、MTA(メールトランスファーエージェント)のsendmailが登場し、インターネット時代の話に移り変わった。

 いくつもの事例が紹介されたが、中でもインターネットがアカデミックなものから商用に変化してきた辺りで、ウィルスやspam、といったセキュリティ関連の出来事が多くなった点が興味深い。

 また、基本的にASCIIコードしか扱えない電子メールで、さまざまなフォーマットを扱えるようにする規格「MIME(Multipurpose Internet Mail Extension」については、1992年の登場以来、本日まで使われていることから非常に成功した技術と思われる、と述べたのが印象的だった。

 最後にEric Allman氏は、ホスト数の増加が、一時停滞しながらも指数的に伸びて続けていることから、インターネット・電子メールに関して「しばらくは急速な成長が続くと考えられる」と締めくくった。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5