Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

米Adobe、SVGを扱うオープンソースのJavaScriptライブラリ「Snap.svg」を公開

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/10/24 16:40

 米Adobeは、Scalable Vector Graphics(SVG)を扱うWebデザイナーやデベロッパー向けに、無償のオープンソースJavaScriptライブラリ「Snap.svg」を、23日(現地時間)、GitHubに公開した。

 「Snap.svg」は、SVGコンテンツのアニメーションと操作のための強力で直感的なAPIで、マスキング、クリッピング、パターン、フルグラデーション、グループ化などの機能によってコンテンツをインタラクティブで魅力的にできる。「Adobe Edge」ツール&サービスを補完し、今日のモダンなWebブラウザに求められる強力な描画能力とパフォーマンスに優れたグラフィックス機能をサポートする。

 Internet Explorer 6以降のWebブラウザ上でSVGを扱うためのデファクトスタンダード「Raphael」の作者である、アドビのディミトリ・ブラノフスキー(Dmitry Baranovskiy)氏が新たに作成しており、Apache 2ライセンスに基づいてリリースされる。なお、「Raphael」とは異なり、Internet Explorer 9以降、Safari、Chrome、Firefox、Operaを含む最新のWebブラウザに対応している。

 クリーンでメンテナンスの容易なコード作成を促すため、「Edge Animate」「Adobe Flash Pro CC」「Adobe Illustrator CC」「Adobe Photoshop CC」をはじめとする、応答性に優れたグラフィックスや、強力な描画機能を必要とするツールに適したAPIサーフェスで、既存のSVGにも対応しており、以前に作成したコンテンツの再利用や、そのコンテンツへのインタラクティブ機能の追加もできる。


【関連リンク】
アドビシステムズ
「Snap.svg」

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5