Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

5分でわかるActiveReports帳票(2013年度版)-Webアプリケーションとエクスポート

ActiveReports for .NET 7.0Jで作るサンプル帳票(8)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ActiveReportsは、Webアプリケーションでも使用することができ、ブラウザ上にレポートを表示することなどが実現できます。今回はWebアプリケーションの作成方法と、それと関係するエクスポート機能について解説します。

目次
備考

 本稿は、連載『5分でわかるActiveReports帳票(2007年度版)』(渡辺俊史・宮本奈紗 著)の増補改訂版です。

WebViewerコントロールを使ったWebアプリケーション
(Professionalエディションのみ)

 ActiveReportsでWebアプリケーションを作成する場合、WebViewerコントロールを使う方法が簡単です。

 なお、WebViewerコントロールは、Professionalエディションのみの機能です。Standardエディションには付属していません。StandardエディションでWebアプリケーションを作成する方法については後述します。

WebViewerコントロールの配置

 Webアプリケーションを作成し、Webフォーム上に、WebViewerコントロールを配置します。WebViewerコントロールはツールボックスから配置しますが、もしツールボックスにWebViewerコントロールが存在しない場合は、製品ヘルプの[クイックスタート]-[ActiveReportsコントロールを追加する]を参照の上、ツールボックスにWebViewerコントロールを追加してください。

WebViewerコントロール(ツールボックス)
WebViewerコントロール(ツールボックス)

 WebViewerコントロールをWebフォーム上にドラッグ&ドロップします。配置後、コントロールを適当なサイズに調整します。

ViewerTypeプロパティの設定

 WebViewerコントロールには4つのビューワ形式が用意されており、ViewerTypeプロパティでどの形式で表示するか設定します。それぞれの形式の概要は、以下のとおりです。

HtmlViewer

 HTMLの機能を利用したビューワです。レポートはWebViewerコントロールの領域の枠の中に表示されます。ページ移動、検索などの処理をするボタンが用意されています。

RawHtml

 HtmlViewer形式と同様、こちらの形式もHTMLの機能を利用して表示しますが、HtmlViewer形式と異なり、ページ移動などのボタンは付いていません。単純にWebフォーム上にレポートの内容が表示されるだけです。複数ページのレポートは、ブラウザ上に一続きになって表示されます。

AcrobatReader

 PDF形式でレポートを表示します。Webフォーム上のWebViewerコントロールの領域に、PDF化したレポートが表示されます。実際の表示処理は、クライアントのブラウザに組み込まれたPDFリーダー(Adobe Readerなど)が行います。そのためクライアントのリーダーの設定によって、ツールバーが表示されたりされなかったりするなど、外観に影響を受けることがあります。

FlashViewer

 Adobe Flash Playerの機能を利用したビューワです。印刷、検索、表示形式の変更、拡大、縮小など、さまざまな機能を提供する形式です。この形式を使用する場合、クライアントにはAdobe Flash Playerがインストールされている必要があります。

 上記4つのうちから、使いたい形式にあわせてWebViewerコントロールのViewerTypeプロパティに設定しておきます。

FlashViewerを使う場合の.swfファイルの追加

 FlashViewerを使う場合、.swfファイルをWebアプリケーションの中に組み込んでおく必要があります。

 ActiveReportsをインストールしたディレクトリ内のDeployment\Flashフォルダから、以下の2ファイルを、Webアプリケーションのプロジェクト(Webフォームと同じフォルダ)にコピーしておきます。

  • Grapecity.ActiveReports.Flash.v7.swf 
  • Grapecity.ActiveReports.Flash.v7.Resources.swf

 また、FlashViewerにはいくつかのテーマ(外観)が用意されています。それらを適用したい場合には、Deployment\Flashフォルダの中にあるThemesフォルダをフォルダごと、上記.swfと同じ場所にコピーしておきます。

 なお、デフォルトでは上記のようにWebフォームと同じフォルダに配置しますが、WebViewerコントロールのFlashViewerOptions.Urlプロパティ、FlashViewerOptions.ResourceUrlプロパティ、FlashViewerOptions.ThemeUrlプロパティなどから、これらのファイル・フォルダの配置場所を設定することも可能です。

コードによるレポートの設定

 Page(Webフォーム)のLoadイベントや、ボタンのClickイベントで、WebViewerコントロールに表示したいレポートを設定します。セクションレポートとページレポートで若干違います。以下のようになります。

セクションレポート(VB.NET)
Dim rpt As New SectionReportSample
Me.WebViewer1.Report = rpt
セクションレポート(C#)
GrapeCity.ActiveReports.SectionReport rpt = new SectionReportSample();
this.WebViewer1.Report = rpt;
ページレポート(VB.NET)
Dim rpt As New GrapeCity.ActiveReports.PageReport
rpt.Load(New System.IO.FileInfo("レイアウトファイル.rdlx"))
Me.WebViewer1.Report = rpt
ページレポート(C#)
GrapeCity.ActiveReports.PageReport rpt 
    = new GrapeCity.ActiveReports.PageReport();
rpt.Load(new System.IO.FileInfo("レイアウトファイル.rdlx"));
this.WebViewer1.Report = rpt;

表示

 ここまでの設定・実装を行い、プロジェクトを実行すると、Webフォーム上に配置したWebViewerコントロールの領域にレポートが表示されます。

HtmlViewer
HtmlViewer
RawHtml
RawHtml
AcrobatReader
AcrobatReader
FlashViewer
FlashViewer

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:5分でわかるActiveReports帳票

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5