CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

米オラクル、「Oracle NoSQL Database 3.0」を発表
テーブル形式のデータモデルをサポート

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/04/11 18:10

 米オラクルは、分散キーバリュー(Key-Value)型データベース製品の新版「Oracle NoSQL Database 3.0」を4月2日に発表した。

 Oracle NoSQL Databaseは、組み込み型データベース「Berkeley DB Java Edition」を元に開発されてきた製品。今回発表された3.0では、セキュリティ機能を強化。OSに依存しないクラスタ全体でのパスワードを用いたユーザー認証、および「Oracle Wallet」との統合により、不正アクセスからデータベースを保護する。セッションレベルのSSL(Secure Sockets Layer)暗号化とネットワークポート制限も備えた。

 また、テーブル形式のデータモデルをサポートし、 SQLベースのアプリケーションとのシームレスな連携を実現。キー以外のセカンダリインデックスを利用することで、問い合わせのパフォーマンスを向上できるという。

 セカンダリデータセンターへの自動フェイルオーバーも可能となり、アプリケーションの可用性が向上。分析やレポート生成、データ交換などのデータ参照をセカンダリデータセンターのサーバー群で行うことにより、ワークロード管理も改善されるとしている。

 なお、同製品の「Community Edition」と「Enterprise Edition」が、米Oracle Technology Networkサイトからダウンロードできる(前提条件および使用制限あり)。

【関連リンク】
日本オラクル
Oracle NoSQL Database

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5