Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

IPA、「IT人材白書2015」を販売開始、IoT・M2M・データ活用ビジネスに求められる人材について解説

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/04/24 19:10

 情報処理推進機構(IPA)は、IT関連産業の人材動向、産学におけるIT教育の状況、IT人材個人の意識、これらを調査し結果をまとめた「IT人材白書2015 新たなステージは見えているか ~ITで“次なる世界”をデザインせよ~」を4月24日に販売開始した。価格は税別で1,389円。

 同書は、アンケート調査の結果から分析を行っており、全5部構成となっている。序章では、同書の概要を紹介し、次いでIT人材の現状と動向を解説。その後、2014年度調査結果、教育機関動向、IT人材育成の主な活動(IT人材育成本部)を説明。IT人材の不足感、必要な技術力に対する意識のギャップなど分析結果を明らかにしている。

 今回は、従来のIT人材の動向調査に加え、IT人材を取り巻く環境の変化や、求められる技術が高度化・多様化するIT人材についても調査を実施。IoTやM2M、データ活用ビジネスによるIT活用、IT企業における人材不足感などについて解説をした。

 調査の分析結果では、モバイル開発関連人材に求められる複数の技術領域、オープン化・ネットワーク化が進む中で組込み技術者に求められる技術力など、IoTの浸透によって、データを活用した新たなサービスやビジネスモデルが創出されるのが明らかになった。それらを実現するための人材の必要性・重要性は、今後ますます高まっていくものと考えられる。

 また、今後求められる人材や技術に加え、新たなビジネスを生み出すベンチャー企業・起業家の実態や、複雑化する社会問題をITと複数の専門領域(学問)で解決へ導く「デザイン学」など、新たな潮流の中で求められる人材について分析をしている。

 さらに、下記のコラムも収録している。

  • シリコンバレー発の起業家育成プログラム ファウンダー・インスティテュート
  • 「データサイエンティスト」ってどんな人?
  • 社会人の情報セキュリティリテラシーの実態
  • IT企業のIT人材の育成や確保は、ビジネスモデルで違う?

 同書は、Amazon.co.jpおよび全国官報販売協同組合販売所にて製本版を購入可能。また、IPAのホームページでPDF版も提供する予定。

 
【関連リンク】
情報処理推進機構
IT人材白書2015

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5