Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Debian 8(Jessie)」リリース、デフォルトのinitシステムにsystemdを採用

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/04/27 12:25

 Debianプロジェクトは、Linuxカーネルを使用したOSの最新版「Debian 8(コードネーム:Jessie)」を、4月25日(現地時間)にリリースした。

 「Debian 8」では、デフォルトのinitシステムに、従来のsysvinitに替わってsystemdを採用している。systemdはブートの高速化や、サービスの隔離を実現するcgroupsなど、多数の機能を搭載する。なお、従来のsysvinitも引き続き利用できる。

 「Wheezy」から導入されているUEFIサポートも、より強化されており、これまで知られている多数のファームウェアのバグフィックスをはじめ、32ビットOSにおけるUEFIサポートや、32ビットUEFIファームウェアにおける64ビットカーネルのサポートを追加している。

 このほか、前回のリリース以降に開発された重要なサポートの1つとして、「Debian Sources」においてDebianからリリースされたすべてのソースコードの閲覧を可能にするサービスの提供が挙げられる。20000を超えるソースパッケージが存在するが、「Debian Code Search」によって目的のコードを検索できる。

 今回のアップデートでは、20100のソースパッケージからビルドされた、43000超のすぐに使えるソフトウェアパッケージを収録しており、豊富かつ選び抜かれたパッケージと、広範なアーキテクチャのサポートによって、同プロジェクトのゴールである、デスクトップでもネットブックでも、クラスタサーバやデータベース、Webサーバやストレージなどあらゆる用途に対応可能な「ユニバーサルOS」を実現している。

 対応アーキテクチャは、32ビットPCがインテルIA-32、64ビットPCがインテルEMT64T、x86-64、Motorola/IBM PowerPC、MIPS、IBM S/390、ARM。


【関連リンク】
Debian
「Debian Sources」(英語)
「Debian Code Search」(英語)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5