Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Google Cloud Platformで「Preemptible VM」をベータ提供、安価にインスタンスを増強できるがGoogle都合でシャットダウンも

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/05/19 14:25

 米Googleは、Google Cloud Platformにおいて、安価な固定料金でインスタンスを追加可能な「Google Compute Engine Preemptible Virtual Machines」(Preemptible VM)のベータ提供を、5月18日(現地時間)にすべてのリージョンで、すべてのユーザーを対象に開始した。

 「Preemptible VM」は、通常のインスタンスと同じ機能を利用できるが、Google側の都合によってシャットダウンされてしまう可能性がある。また、ラインタイムは24時間までに限定される。

 ただし、通常のインスタンスより安価な固定料金で使えるので、「もしも」の事態に備えて(実際に必要かどうかはわからない)インスタンスを、変動価格で購入するというギャンブルをしないで済む。

 「Preemptible VM」の利用にあたっては、Google Developer Consoleのチェックボックスを利用するか、gcloudコンソールで--preemptibleオプションを付け加える。なお、シャットダウンされる場合は、ユーザーに対して安全なシャットダウンを可能にする「30 second notice」の送信を行う。

 このほか、Google Compute Engine上でHadoopを利用しているユーザーなら、オープンソースのbdutilで「--preemptible .25」を付け加えれば、クラスタの25%を「Preemptible VM」で実行できる。

 なお、「Preemptible VM」はGoogleが保有している、膨大なデータセンターの余剰分を有効活用するためのもので、前述したような制限はあるものの、Google Compute Engineのすべての機能に対応している。


【関連リンク】
Google
Google Cloud Platform
「Google Compute Engine Preemptible Virtual Machines」(英語)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5