Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

The Apache Logging Services委員会、「Log4j」バージョン1のサポート終了を発表、バージョン2へのアップデートを呼びかけ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/08/07 14:25

 The Apache Logging Servicesプロジェクト管理委員会は8月5日(現地時間)、ロギングフレームワーク「Log4j」のバージョン1の公式サポートを今後行わないことを発表した。

 Log4jのバージョン1は1999年にリリースされ、Javaアプリケーション開発において広く用いられてきたが、現在、同委員会では2014年7月にリリースされたバージョン2に開発やメンテナンスに活動の軸を移している。バージョン1のリリースは、2012年から途絶えている状態だ。

 委員会によれば、Log4jバージョン2はバージョン1より高速に動作し、信頼性が高く、開発や保守もより容易になっているという。また、Logbackアーキテクチャがかかえていた問題を解消。API仕様と実装とが分離されているため、実装の改善を安全かつ矛盾なく行えるほか、ログのフィルタリング機能やプラグイン機能も備えている。

 The Apache Logging Servicesプロジェクト管理委員会 副会長のChristian Grobmeier氏は、「我々はLog4jバージョン2の品質と安定性に満足しており、バージョン1からのリプレースはすばらしい体験になると確信している」と述べている。

 なお、Log4jバージョン1からバージョン2への移行方法については、The Apache Logging Servicesプロジェクト管理委員会のWebページ「Migrating from Log4j 1.x」に説明がある。

【関連リンク】
The Apache Logging Servicesプロジェクト

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5