Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Google Cloud Platformがマシンタイプのカスタマイズに対応、ドラッグで仮想CPU数やメモリサイズの変更を可能に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/11/20 13:55

 米Googleは、開発者向けクラウドプラットフォームGoogle Cloud Platformにおいて、構成をカスタマイズできる仮想マシン「Custom Machine Type」の提供を、11月18日(現地時間)に開始した。

 「Custom Machine Type」は、仮想CPU数を1~32の範囲で設定可能で、メモリは1仮想CPUあたり6.5GBまで増やせる。

 月額のコスト例としては、8仮想CPUでメモリ30GBの「n1-standard-8」が204.40ドル、16仮想CPUでメモリ60GBの「n1-standard-16」が408.80ドルであるのに対して、12仮想CPUでメモリ45GBの「Custom Machine Type」なら321.75ドルで利用できる。

 利用料金は、1時間あたりの仮想CPUとメモリの利用率で計算され、8仮想CPUでメモリ20GBの仮想マシンなら、4仮想CPUでメモリ10GBの仮想マシンの2倍の価格となる。

 近日中に、Google Developers Consoleにおいて「Custom Machine Type」をサポートする予定で、新たなGoogle Developers Consoleではマウスによるドラッグで仮想CPU数やメモリサイズの変更を可能にする。

 なお、「Custom Machine Type」は現時点ではベータ版で、CentOS、CoreOS、Debian、OpenSUSE、Ubuntuが利用できる。


【関連リンク】
Google
Google Cloud Platform

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5