Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Automotive Grade Linuxプロジェクトから、車載インフォテインメントプラットフォーム「AGL Unified Code Base 2.0」がリリース

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/07/14 14:00

 Linuxベースのコネクテッドカー向けオープンプラットフォームを開発しているAutomotive Grade Linux(AGL)プロジェクトは、車載インフォテインメント(IVI)プラットフォーム「AGL Unified Code Base(UCB) 2.0」を、7月12日(現地時間)に公開した。

 「AGL Unified Code Base 2.0」は、ツール、メタデータ、ドキュメンテーションを完備した組み込みLinux開発環境であるYocto Projectをベースにしている。

 おもな機能としては、後席ディスプレイとビデオ再生、オーディオルーティングとミキシング、アプリケーションフレームワーク、ConnManによるネットワーク管理、バス車両メッセージング、新しいビルド環境、新しいテスト基盤、新たなハードウェアサポートを備える。

 Automotive Grade Linuxプロジェクトには70社以上が加入しており、参加企業のうちトヨタ自動車、アイシン・エィ・ダブリュ、デンソー、富士通テン、HARMAN、パナソニック、パイオニア、ルネサスエレクトロニクスなどは、すでにAGL Unified Code Baseを使用した車載情報機器やコネクテッドカーの提供を計画している。

 なお、Automotive Grade Linuxでは当初、車載情報機器(In-Vehicle-Infotainment:IVI)を対象にしていたが、今後は計器盤、ヘッドアップディスプレイ、テレマティクス、自動運転などをサポートしていく。


【関連リンク】
Automotive Grade Linux(英語)
「AGL Unified Code Base」(英語)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5