Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

グレープシティ、コンポーネントスイート「ComponentOne Studio 2016J v3」を発売

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/01/25 10:50

 グレープシティは、業務アプリケーション開発に役立つ、さまざまなコンポーネントを収録したコンポーネントスイートの最新版「ComponentOne Studio 2016J v3」を、1月24日に発売した。

 「ComponentOne Studio」は、Windowsフォーム、ASP.NET Web Forms、ASP.NET MVC、WPF、UWP、Silverlightアプリケーション開発に対応したコンポーネントを収録しており、プラットフォームごとにデータグリッドやチャート、帳票、コンテナ、ナビゲーションといったUI部品を提供する。

 今回発売した「ComponentOne Studio 2016J v3」では、Windowsフォーム、WPF、UWP、ASP.NET Web Forms/MVC、Silverlightのすべてのエディションにおいて、新たにマイクロソフトが2016年11月に発表した「Visual Studio 2017」を正式サポートしている。

 また、Windowsフォーム用エディションでは、バウンド/アンバウンド両対応の階層データ表示コントロール「TreeView」や、地図データの描画が可能な「Maps」コントロールを追加するなど、それぞれのエディションにおいて、さまざまな新機能が追加された。

 このほか、Windowsフォーム、WPF、UWP、ASP.NET MVCエディションが収録する、高速かつ軽量なチャートコントロール「FlexChart」には、ウォーターフォールチャート、ポーラ/レーダーチャートなどを追加している。

 1年定額制のサブスクリプション方式を採用しており、最上位エディション「ComponentOne Studio Enterprise」1ユーザーライセンスの、税込の初回費用は162000円、1年単位の更新費用は64800円(初回費用の40%)。


【関連リンク】
グレープシティ
「ComponentOne Studio」

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5