CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

著者情報

  • WINGSプロジェクト 土井 毅(ドイ ツヨシ)

    WINGSプロジェクトについて>
    有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。

執筆記事

  • t.gif
    2009/07/17

    Windows Azureクラウドサービス運用の実際

     この連載ではWindows Azureを使ったアプリケーション作成の基礎について扱います。前回の記事では、Windows Azureのアプリケーションを作成しローカルで実行するところまで扱いました。今回は、作成したアプリケーションを実際にクラウド上に配置して運用する方法を扱います。

  • t.gif
    2009/06/23

    クラウド・コンピューティングの基本とWindows Azure

     2008年10月27日、MicrosoftはクラウドOSの一種であるWindows Azureを発表しました。これはMicrosoftのクラウド・サービス・プラットフォーム「Azure Service Platform」上で動作するOSで、Microsoftが提供するクラウド・サービスの中核をなしています。この連載ではWindows Azureを使ったアプリケーション作成の基礎について扱います。

  • t.gif
    2009/01/29

    Silverlight 2でのデータバインディング

     .NET Framework 3.5のWPFは強力なデータバインディングをサポートしていますが、そのサブセット的位置づけにあるSilverlight 2もやはり多彩なデータバインディングに対応しています。特に、業務アプリケーションの多くは、一般に帳票画面と呼ばれるリソースを表示・編集する画面の集合でできており、この実装においてデータバインディングは欠かせない技術と言えます。本稿ではSilverlight 2のデータバインディングの概要と業務アプリケーションへの実装について扱います。

  • t.gif
    2008/12/26

    Silverlight 2で大きく変わったコントロール

     本連載は、業務アプリケーションにおいてSilverlight 2をどのように活用できるかという観点で進めています。Silverlight 2は開発者から見ると.NET Frameworkのサブセット的な位置づけにあり、.NET環境でよく使われる数々のコントロールがサポートされています。今回はサンプルを通していくつかの代表的なコントロールを取り上げ、その使い方を解説します。

  • t.gif
    2008/11/26

    Silverlight 2の業務アプリケーションへの活用 Silverlight 2の紹介

     「Silverlight 2」はプラグインを介すことにより、Webブラウザ上で.NET技術を利用した高度なアプリケーションを作成可能にする技術です。今後、Silverlight 2による業務アプリケーションの実装も視野に入ってくることでしょう。今回はSilverlight 2を業務で活用するメリットに着目して、その特徴を紹介します。

  • s.gif
    2008/05/09

    Visual Studio 2008で標準搭載されたWindows Workflow Foundation

    Visual Studio 2008では、ついに.NET Framework 3.5がサポートされ、WPF/WCF/WFについても、統合開発環境を活かしたサポートが行われるようになりました。今回は、ワークフロー フレームワークであるWF(Windows Workflow Foundation)を紹介します。.NET Framework 3.5から、WFとWCFの統合が図られ、ワークフローをWCFの通信モデルを使って提供することが容易になりました。

  • s.gif
    2008/04/25

    Visual Studio 2008で標準搭載されたWindows Communication Foundation

    前回に続き、.NET Framework 3.0から導入されたコンポーネントとVisual Studio 2008でのサポートについて解説していきます。今回扱うのは通信フレームワークであるWCF(Windows Communication Foundation)です。.NET Framework 3.5でさまざまな新機能が追加され、より実用的なサービスの提供が可能となりました。

37件中22~28件を表示



All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5