CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

著者情報

  • WINGSプロジェクト 土井 毅(ドイ ツヨシ)

    WINGSプロジェクトについて>
    有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。

執筆記事

  • 5484_t.gif
    2010/10/13

    マルチコア時代の定番チューニングツール 「インテルParallel Studio 2011」

     2010年9月3日、並列プログラミングを支援するツールスイートである「インテルParallel Studio 2011」がエクセルソフト社より発売されました。本記事では、インテルParallel Studio 2011の主な新機能について解説します。

  • t.gif
    2010/07/01

    正しい分析でムダなくチューニング アプリの並列化を支援する「インテル Parallel Amplifier」

     マルチコアCPUの性能を引き出すアプリケーション開発をサポートするインテル開発製品群のうち、チューニングまわりを担当する「インテルParallel Amplifier」を紹介します。本稿では、数ある分析機能の中で、Hotspot分析および並列性分析にフォーカスを当て解説します。

  • t.gif
    2010/03/03

    OSDEで快適なOpenSocialアプリケーション開発を

     OpenSocialアプリケーション開発の煩雑さは実際に稼働しているSNSでテストしている以上、避けられないものと言えます。今回紹介する、オープンソースのOpenSocialコンテナのApache Shindigと、EclipseのプラグインであるOSDE(OpenSocial Development Environment)を使用すると、こうした開発者の頭痛の種を軽減することができます。

  • t.gif
    2010/01/22

    OpenSocialアプリケーションと外部サーバとの連携

     OpenSocialアプリケーションにおいても、OpenSocialコンテナから取得できるソーシャル情報と、外部のWebサービスを上手に連携させることで、これまでにないアプリケーションを構築することができます。今回はOpenSocialアプリケーションから、外部のWebサービスを呼び出す方法について解説します。

  • t.gif
    2010/01/08

    mixiアプリとデータの永続化

     本連載ではここまで、ソーシャルデータの取得とアクティビティの作成について説明してきました。今回は、OpenSocialアプリケーションに欠かせないもう一つの機能「データの永続化」を扱います。

  • t.gif
    2009/12/15

    mixiアプリとアクティビティ

     SNSでは「アクティビティ」と呼ばれる、ユーザーの行動の記録のデータがあり、OpenSocialアプリケーションでも、このアクティビティの活用がキモとなります。今回はアクティビティの作成から登録までの流れを、具体的なサンプルとともに紹介します。

  • t.gif
    2009/11/24

    mixiアプリで友達情報を取得する

     前回は、 OpenSocialアプリケーションからOpenSocialコンテナに対して情報のリクエストを行うためのDataRequestオブジェクトの使い 方と、個人の情報を取得するためのリクエストを作成するnewFetchPersonRequestメソッドの使い方について説明しました。今回は、友達の情報を取得するためのnewFetchPeopleRequestメソッドの使い方を見ていきましょう。

37件中8~14件を表示



All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5